最新

[Liga] 最後は内容通りの結果に……

Liga Española 1a División 14a Jornada : Atlético de Madrid 1 - 2 Villarreal

Atlético de Madrid: Asenjo; Valera, Perea, Juanito, Ujfalusi; Paulo Assunção; Reyes (Ignacio Camacho, m.86), Jurado, Simão; Maxi (Sinama Pongolle, m.68), Forlán

Villarreal: Diego López; Javi Venta, Godín, Marcano, Capdevila; Bruno (Eguren, m.73), Senna, Cazorla (Escudero, m.64), Cani; David Fuster, Rossi (Llorente, m.81)

得点:
1-0, m.37: 中央付近からの Reyes のスルーパスに反応した Simão が Diego López との一対一を制す。
1-1, m.48: Capdevila の左からの高いクロスを David Fuster が頭で決める。
1-2, m.91: Escudero の左からの低いクロスに Llorente が頭で合わせる。

備考:
召集メンバー入りしていた Agüero は最終的にベンチメンバーから外れ、客席で観戦。

2011年12月25日 19:01更新
コメント(1) [コメントを投稿する]

sat [こんばんは。 ボーっとインターネットをしていたら、ふと思いだしてvamos atletiのページを懐かしんでいまし..]


[Liga] 4-1-3-2 か 4-2-3-1 か……

Porto 戦であまり調子が上がっていないことが露呈してしまった Atlético ですが、とりあえず日曜日の Villarreal 戦の召集メンバーが発表されました。

GK: 1. Asenjo, 43. De Gea
DF: 2. Valera, 3. Antonio López, 4. Pernía, 16. Juanito, 17. Ujfalusi, 21. Perea, 22. Pablo Ibáñez
MF: 6. Ignacio Camacho, 8. Raúl García, 9. Jurado, 11. Maxi Rodríguez, 12. Paulo Assunção, 19. Reyes, 20. Simão
FW: 7. Forlán, 10. Agüero, 14. Sinama Pongolle

メンバー外の選手ですが、Roberto は怪我、Domínguez は出場停止、そして Cléber Santana と Leandro Cabrera が Quique の判断で外れています。ただ Cléber は Porto 戦で負傷しているので、単純にコンディション不良かもしれません。

一方、復帰したのは Ujfalusi と Raúl García です。また Porto 戦で負傷した Kun と Valera はメンバー入りしています。ただ19名召集されているので、この二人のどちらかが最終的に外れる可能性は否定できません。

ちなみに Quique は Porto 戦の敗戦を踏まえ、中盤をダイヤモンド型で構成したいようです。ただ Kun がスタメンで起用できる可能性があまり高くないのが問題のようで。個人的には決定力のある Maxi を代役にすれば良いのではないかなぁ、と思っているのですが( ̄▽ ̄;

2009年12月13日 00:01更新

[Liga] 2試合連続完封でフエラ初勝利!!

Liga Española 1a División 13a Jornada : Deportivo Xerez 0 - 2 Atlético de Madrid

Deportivo Xerez: Renan; Francis, Diego Prieto, Aythami, Casado; Keita(m.71) (Moreno, m.70), Bergantiños; Orellana (Abel, m.80), Carlos Calvo (Antoñito, m.46), Armenteros; Bermejo

Atlético de Madrid: Asenjo; Valera, Perea, Juanito, Domínguez(m.85); Paulo Assunção; Reyes (Maxi, m.82), Jurado (Antonio López, m.86), Simão; Forlán, Agüero (Cléber Santana, m.77)

得点:
0-1, m.28: Reyes のセンターライン付近右サイドからのスルーパスに反応した Forlán が抜け出し、Renan との一対一を制する。
0-2, m.65: センターサークル付近からの Paulo Assunção の前線へのパスを受けて抜け出した Agüero が左足で決める。

備考:
Keita は交代直後に二度目の警告を受けているため、Xerez は11人のまま終了。


7戦目でようやくフエラ初勝利。ここまで勝てないとは開幕前はさすがに予想していなかったので本当に長く感じました。

試合そのものは快勝と言っても良いでしょう。特に前半途中までの内容はほぼ完璧と言えるものだったと思います。選手同士の距離感がうまく取れており、パス回しが容易だったのではないかと。先制点を挙げるまでに決定的な場面を4回も演出していたので、チームの方向性としては間違っていないのではないでしょうか。

それにしても Reyes は完全に戦力になりましたね。正直なところあまり期待していなかったので、これは嬉しい誤算です。以前よりもドリブルで仕掛ける場面は減ったように感じますが、逆に右サイドから決定機を演出するようなパスを試みることが多いのではないかと思います。プレースタイルを変更したのか、本来はこういうプレーをする選手だったのかどうかは分かりませんが、私の中ではドリブラーだったので今のスタイルは新鮮です。

今回は完勝でしたが、相手のレベルが高くなかったことも事実でしょう。だからこそ前半途中までのパフォーマンスを最後まで維持できるかどうかが今後に向けての課題かもしれませんね。

ところで現在 Xerez は最下位ですが、この試合を見ていたらそれも仕方ないかな、という印象を受けました。ただ直前の Barça 戦ではもう少しまともな試合ができていたので、ミッドウィークで力尽きていたのかも( ̄▽ ̄;

2009年12月07日 00:08更新

[Liga] フエラ初勝利祈願!!

ワールドカップ本戦の組合せ抽選会が間もなく始まりますが、Atlético は Xerez 戦を明日に控えています。

GK: 1. Asenjo, 43. De Gea
DF: 2. Valera, 3. Antonio López, 4. Pernía, 16. Juanito, 17. Ujfalusi, 18. Álvaro Domínguez, 21. Perea, 22. Pablo Ibáñez
MF: 6. Ignacio Camacho, 9. Jurado, 11. Maxi Rodríguez, 12. Paulo Assunção, 19. Reyes, 20. Simão, 23. Cléber Santana
FW: 7. Forlán, 10. Agüero

怪我でメンバーから外れたのは Roberto, Raúl García, Sinama Pongolle の三人。それ以外に Leandro Cabrera が外れています。また今回カンテラからは De Gea 以外招集されませんでした(実質ゼロですね)。

一方、Pernía が Liga では久々に召集されました。19名召集されているためベンチ入りするかどうかは分かりませんが、復帰の日は近いと見てよいのではないかと思います。ただ最近は Domínguez が左のラテラルとして出場機会を得ており、さらにカピタンも居るので、出場機会を得るのは大変かもしれませんが。

ところで Xerez はミッドウィークに Barça と対戦しており、Atlético と比べると日程が詰まっています。いつもは Atlético の方が日程的に厳しい、もしくは対等なので、珍しいことかもしれませんね(しかも Xerez は昇格クラブ)。と言うことでコンディション的に優位だと思うので、それを生かしてほしいですね。そろそろフエラでも勝たないと上位進出なんて夢のまた夢なわけですから( ̄▽ ̄;

2009年12月05日 00:50更新

[Liga] 待望の Liga 2勝目!!

Liga Española 1a División 12a Jornada : Atlético de Madrid 4 - 0 Espanyol

Atlético de Madrid: Asenjo; Ujfalusi, Perea, Juanito, Domínguez; Assunção, Jurado, Reyes (Maxi, m.68), Simão (Antonio López, m.87); Forlán (Ignacio Camacho, m.76), Kun Agüero

Espanyol: Kameni; Chica, Roncaglia(m.84), Forlín, David García (Pillud, m.46); Verdú (Ben Sahar, m.68), Moisés, Nakamura, Luis García, Callejón (Coro, m.46); Tamudo

得点:
1-0, m.27: Reyes とのワンツーにより右サイドからエリア内に進入した Agüero のドリブルはカットされるものの、左へこぼれたボールを Forlán がゴールへ流し込む。
2-0, m.62: 右サイドからのフリーキックを Agüero が低い弾道で壁の間を突いてニアサイドに決める。
3-0, m.85: 左サイドからのフリーキックのボールがエリア内でこぼれ、Agüero が押し込む。
4-0, m.89: 3人抜いて中央左からエリアへ進入した Agüero が右へ折り返し、走り込んできた Maxi が決める。


Quique 体制に変わってからようやく Liga 初勝利。現状を考えると内容よりも結果が必要だったので、まずは勝てたことを喜ぶべきだと思っています。

この試合の収穫は4点取れたことよりも完封できたことではないかと。Liga ではここまでワーストの24失点で、しかも完封ゼロでしたからね。Espanyol の今シーズンの得点力を考えると手放しで喜ぶわけにはいかないと思いますが、この試合をきっかけにしてくれれば、と考えています。特に Asenjo にとって今回の結果は大きいのではないでしょうか。

攻撃陣は2トップ以外だと Reyes が良かったのではないでしょうか。これまでのイメージだと愚直にドリブルを仕掛けてはボールを奪われるという印象が強かったのですが、この試合ではプレーに幅があったのではないかと。この試合では先制点に絡んでいますし、2点目につながったフリーキックも誘発しているので、ようやく Atlético でも力を発揮できるようになって来たのかもしれませんね。あとはゴールがほしいかな……。

と言うことで調子が上がってきた Reyes なのですが、上記のフリーキックにつながったファウルを受けた際、左膝を捻ってしまったようです。負傷の程度がどの程度なのかは不明ですが、軽度なものであることを祈っています。負傷後もしばらくプレーをしていたので大きな怪我ではないと見ていますが。

それにしても Kun は相変わらず凄いなぁ……。結局のところ今の Atlético は Kun が居るか居ないかでチーム力が大きく変わってしまうようです。ちなみに冬に Chelsea へ移籍する可能性も報じられていますが、Kun 本人は少なくとも今シーズンは最後まで Atlético でプレーすることを明言しているので大丈夫でしょう。そして来シーズン以降はクラブ次第だと語っているので、今は彼の言葉を信じることにしています。

2009年12月01日 00:20更新

最新